スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3・3福島原発災害に学ぶー福島・首都圏の集いー」

3月5日

明治大学で開かれた福島の集まりに行ってきました。


住民の被曝を避けるためにいち早く全村避難した双葉町の井戸川前町長、放射能汚染に苦しむ農家、県内・県外避難者、子供を放射能から守る活動をされている方、仮設に住んでいる方、去年訪れた、通常の20倍を超える放射能の中で牛と共に生きる浪江町の「希望の牧場」の吉沢氏、子供たちの集団疎開裁判に取り組む方など、11名の方々を招いての集まり。

原発事故で15万人の人が家を追われ、仮設に入った人、借り上げ住宅に移った人、自主避難した人、避難したいができない人、形だけの除せん、効果のない除せんが行わている一方、下がらない放射能の中で未だに外遊びができない子供たち、平時よりも高い子供たちの甲状腺異常の発生、異常と原発との因果関係を否定する専門家の所見によって振り回される親達・・・。
色々な立場のおかれている福島の人が席を同じくしたのは初めてだということで、分断されている福島の現状がよくわかりました。

毎週金曜日、官邸前でデモが行われている反面、原発事故の風化がいわれています。
東京の街を歩いている限りは、福島が置かれている苦境は見えてきません。福島の電気を使って東京が繁栄していたことや、あるいは原発事故が起きたことさえ忘れても生きていけるでしょう、再び次の大事故が起きるまでは。
今回の参加者は400名。中高年が多く、思ったよりも少ない参加者でした。

安倍首相は「安全が確認された」原発から再稼働して行くそうです。エネルギー基本計画を検討する「総合資源エネルギー調査会」から脱原発の委員を外し、原発容認の委員に入れ替えました。着々と再稼働に向けた準備が進められている中で、3・11二周年を迎えようとしています。

スポンサーサイト

福井県庁へ

4月14日

朝、近所の若い仲間から声がかかり、急きょ福井市に行ってきました。

何がなんでも原発稼働ゼロという事態を避けたい政府は、関西電力大飯原発の再稼働を何としてもやりたいのでしょう。

ストレステストの実施で、政府として安全性が確認でき、夏の電力消費のピークをひかえて必要性が増したためという理由で、経済産業大臣のエダノが再稼働に向けて地元を説得するために、今日、福井県庁を訪問するということから、急に朝になって福井に行くことにしました。

20120414b.jpg 

この日の福井市は時代行列が行われていて、沢山の人手でした。
抗議している我々を何だか場違いな感じにさせるために今日の日を選んだのかのしれません。

私の出身労組の郵政ユニオンの大きな旗が翻っていたのは心強い気がしました。


20120414e.jpg 

県庁の入口でエダノ一行を待っている抗議者。200名くらいか。

一行は裏をかいて、どこか違う入口から県庁内に入ったとの報。


20120414c.jpg 

県庁は福井城址の内堀の中に、警察本部とともにあり、今も昔も城は権力の象徴になっています。
エダノ一行に抗議する皆さん。


20120414f.jpg

福井県民の代表4名が庁舎内に入り、県の総務部長に申し入れ中。

申し入れ内容は、
・再稼働問題については県会できちんと議論すること
・滋賀県知事が、大飯原発が重大な放射能漏れ事故を起こした場合のシュミレーションについての資料を福井県に提出しているが、公開されていないので、これを公開すること
などなど。

再稼働を決定するためには、まだいくつものプロセスを経なければならないということなので、諦めることなく、行動を積み重ねていくことが重要であるということを確認。

昨日の記事の数値の訂正について

2月29日

すでに読まれた方へ。

検出限界の数字が間違っていました。


誤)  セシウム137 <0.7   5.2±5.5

正)  セシウム137 <10.7  5.2±5.5


どちらにしても不検出です。

これから読まれる方のために本文の数字は直しました。

放射能を測定しました

2月28日

先週の土曜日に、家の近くの山の落ち葉と、畑と田んぼの土の放射能を測りました。
検体を持ち込んで調べたのは、隣りの飯田市に仲間でお金を出し合って作った「伊那谷放射能測定市民ネットワーク」http://rm-ina.net/の測定所です。

20120225a.jpg

ここの放射能測定器は、ベラルーシ製のATOMTEX社製のAT1320Aというシンチレーションスペクトロメータというものです。簡易計測用といいながらも、放射性セシウム134と137、放射性ヨウ素131を測ることができます。また、自然放射能のカリウム40も表示されます。
ここは高汚染地帯ではないので、地元の農産物や土壌を測定するには、この測定器で充分現状を把握することができます。

測定結果は、
・落ち葉   ヨウ素131  <5.2  1.3±4.0Bq/kg
       セシウム137 <10.7  5.2±5.5
       セシウム134 <5.2  0.2±5.0
   
・田んぼの土 ヨウ素131        23.8±5.0
       セシウム137 <2.9  0.7±2.2
       セシウム134       13.8±3.4
   
・畑の土   ヨウ素131        24.9±5.2
       セシウム137 <2.3  0±2.3
       セシウム134       16.8±5.3
(放射性カリウム40の数値は自然放射能なので省略)

この数値の見方ですが、不等号<は検出限界を表しています。±は誤差で、例えば落ち葉のセシウム137の値を見てみると、検出限界は10.7Bqなので、この場合は不検出ということになります。
田んぼと畑のセシウム137も不検出ということです。あくまでも、この測定器では不検出ということで、セシウム137がゼロということを証明するものではありません。

田んぼと畑のヨウ素131の値が出ていますが、福島原発から出た半減期8日のヨウ素131はもう殆ど存在していないので、この数値は他の元素がノイズとして表示されてしまったものです。
同じく、田んぼと畑の半減期2年のセシウム134の値が出ているのも同じ原因です。土壌ヨウ素131とセシウム134の数値は食品と違って、ノイズを拾って誤って表示されるようですので、更に詳しくより正確な値に近い結果を求めるのであれば、ゲルマニウム半導体検出器という高価な測定器で計らなければなりませんが、ここではその必要がないと思います。

この測定器で数値を注目しなければならないのは半減期30年のセシウム137です。
このセシウム137が「検出限界以下は不検出」であるので、心配はいらないと思います。

放射能のことを考える時におさえておくべきことは、福島以前にも放射能は降ったということです。
福島原発の放射能は、濃淡の差こそあれこそ、北半球全体にばら撒かれました。更に、1963年をピークとして80年まで続いた地上での核実験や、86年のチェルノブイリ原発の爆発で放出された核物質は、半減期30年のセシウム137を中心にまだ残留しています。
ですので、バックグラウンドとしての放射能は、福島以前でも0ではありませんでした。
ただ、幸いなことに、ここ伊那谷は去年の3月12~15日にかけての原発の爆発の時、風向きの関係や東に聳える南アルプスが盾となって、殆ど放射能は落ちてきませんでした。

そうしたことから、自分の田畑の土壌や農作物の測定は今までやりませんでしたが、折角、市民測定所を作ったのだから、一度くらいは測って数値を確認しておいたほうがいいだろうと思い、どうせ野菜や米は測っても数値が出ないので、放射能が出やすい落ち葉や土を測ってみることにしたのでした。

講演会 『食卓の放射能汚染から子供を守るには』のお誘い

1月24日

お近くの方はご参加を。

この講演会を主催する放射能測定伊那谷市民ネットワークhttp://rm-ina.net/は、自分たちの手で放射能を測ろうと、昨秋に結成したグループです。只今会員を募集しています。

個人会員一口5000円、団体会員一口50000円で何口でも。
会員になれば無料で計り放題ですが、自分で測ることが原則です。

uid000001_20120117155738dda6477e[1]  

 

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。