スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花桃満開

4月28日

信州の春は、昨日まで朝晩ストーブをつけていたかと思うと、次の日の日中には急に暑くなって、半袖で仕事をするという感じで、季節が急に進んでしまうことが珍しくありません。

今日は25度を超え、まるで夏のような暑さでした。

開花が遅れていた桜はすでに散り、花桃が満開になりました。
阿智村の花桃は有名で、個人や集落で、庭や道沿いへの植樹が盛んに行われています。
有名なところでは、園原の月川温泉を中心とした周辺や、清内路地区があって、標高が違うので長い間花を楽しむことが出来ます。

20120428a.jpg 

私の住んでいる伍和地区の花桃は今満開になりました。

園原地区は咲き始め、標高の高い清内路地区はこれからです。


20120428b.jpg 


今日の午前中はまだ耕していないあちこちの畑を耕し、いつもは雨の日に行なう田んぼの粗起こしを一枚やり、急に温度が上がったのでレタスのベタがけをはがしました。


スポンサーサイト

伍和の桜咲く

4月19日

このところの暖かさで、やっと私が住んでいる伍和地区の桜も咲きました。


20120419e.jpg 


20120419c.jpg 

20120419d.jpg 


20120419f.jpg 

家の隣りの保育園のソメイヨシノは、前の日つぼみだったのが、一日で半分くらい咲いてしまいました。

いよいよ春本番。
農作業も、毎日、苗を植えたり、種をまいたり、鉢上げしたり大忙しになってきました。

辻乃園で投じ蕎麦を食べる会

3月6日

先月に予定していた「辻乃園で投じ蕎麦を食べる会」は、園主が空気の悪い東京に行って、悪いインフルエンザを貰ってきたため、前日に急きょ中止になってしまいました。

その復活祭が今日開催されました。
北信では割とポピュラーみたいですが、ここ南信では珍しい「投じ蕎麦」です。土鍋の中の少し濃いめのツユにしゃぶしゃぶみたいに蕎麦をつけて食べます。具は鳥肉、長ネギ、山の雑きのこが入っています。お好みで、辛味大根を入れて熱々でいただきます。
蕎麦粉は地元阿智産、贅沢です。


20120306c.jpg 

「投じ蕎麦」を食べるのは初めての方もいました。



20120306b.jpg 

昼食に手打ち蕎麦を食べながらの交流の輪が広まっています。



20120306a.jpg 

20名の参加で、みなさん美味しくいただいたようです。

会場の「辻乃園」は、食事をしながら、手入れの行き届いた日本庭園の景色を楽しむことができる伍和の隠れた名所です。
5月には藤棚の下で、地元産品を販売するマルシェが開かれます。

阿智村グリーンスマイルプロジェクト


5月21日

今日の午後は、阿智村の農業婚活「グリーンスマイルプロジェクト」のお手伝い。この企画は去年から始まり、今年は2年目。
去年は畑だけでしたが、今年から田んぼも。婚活畑近くに田んぼを借り、面積はそれほど広くないので手植え。

248761_208909245815291_203029646403251_616527_2628984_n[1] 

4月に採用された「阿智村地域おこし協力隊」の3人と、下伊那農業普及改良センターの普及員さん2名も加わり、今年のサポートスタッフは強力です。写真は、協力隊のツイッタ―の写真をお借りしました。


230088_208918549147694_203029646403251_616620_4116032_n[1] 

私は田んぼの方には参加せず、畑の方だけに参加してお手伝い。野菜苗を植える畝を作り、里芋と枝豆の種を播きました。
ここまでやったので、明日の午前中も作業があるのですが、雨が降っても苗を植えることができます。



229435_209018865804329_203029646403251_617054_7089741_n[1] 

夜は、浪合のトンキラ農園にある古民家風の宿泊施設の囲炉裏を囲んで交流。ィアイフォンのカメラで撮っているので、あるいは光が足りないのか、撮っている本人が飲んでいるのか、少し手ぶれ。
私は明日が早いので途中で家に帰りましたが、まだ盛り上がっているでしょう。

花桃咲く

4月21日


20110421a.jpg  駒場地区の花桃

花桃は変わっていて、一本の木で白と赤と桃色の花が咲くのもあれば、白だけとか、赤だけとか、桃色だけとか、あるいは一つの花にいくつもの色の花弁があったりと、きれいで不思議な木です。

阿智村は、園原地区の月川温泉周辺と清内路の花桃が有名で、花の時期に訪れるとそれはそれはきれいです。


20110421b.jpg  鉢上げしたセロリ


セロリは低温で花芽分化し、その後の長日下でとう立ちします。そのため、春は温床で育苗して低温にさらさないようにします。
そのくせ冷涼な気候を好み、夏の高温には弱い気難しい野菜です。

20110421c.jpg  トマト

これから一か月育苗して、花が一つ咲いたら畑に定植です。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。