スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の基地を本土に移転させよう

11月29日

昨日の沖縄県知事選挙で、普天間基地の県外移転を訴えていた現職の仲井真氏が当選した。
いよいよ本土に住む我々は、沖縄の示した意思に本気でこたえねばならない。
沖縄は半世紀以上も基地の被害に苦しめられてきた。本土に住む我々は、その苦しみを黙殺してきたのだ。
日米安保を認めるにせよ、認めないにせよ、その違いに関係なく、今沖縄が受けている苦難を沖縄以外に住んでいる人間は公平に享受しあわねばなるまい。

負担は人口比に応じてされるべきであろう。
日本の人口の一割が暮らす東京が、普天間基地の移転先として適地である。都心のど真ん中にある広大な緑地の一部を潰せばすぐにできる。そこに生えている落葉広葉樹と照葉樹の混交林は辺野古のサンゴ礁やジュゴンと同じくらい貴重だが、日米安保で守ってもらっているのだから無くなるのは仕方があるまい。貴重な自然よりも安心・安全、財産や命の方が大事なのだから。
 
普天間基地機能を嘉手納基地に移転させるという案もあったので、いっそ、嘉手納基地も東京に移転してはどうだろうか。あの緑地であれば滑走路の二本や三本くらい楽に作れるだろう。戦争のやりたい慎太郎知事も喜ぶことだろうし。
ただ心配なのは、将来、将軍様と三男坊が破れかぶれで東京に核攻撃するかもしれないので、あのお方たちには、先代が無駄な穴と言い放った松代大本営跡に避難していただきたい。世界に誇る万世一系の家系を絶やさないために。

もちろん我々長野県も応分の負担に応じるべきである。長野県は海なし県なので、軍港の移転は不可である。諏訪湖に空母や潜水艦を浮かべても、軍事的には無意味である。そこで沖縄北部の山岳訓練施設を移転させるのはどうだろうか。
将軍様をいただくかの国の冬を想定した雪中訓練の場所として、日本アルプスは最適地である。

本土に暮らしているすべての人間が、今沖縄がおかれている現実を日々の生活の中で身を持って実感することが求められている。 騒音と、墜落と、レイプと、失業と、低賃金をあまねく公平に経験しあってこそ、沖縄の人たちを同胞とよぶことができるのではないだろうか。
沖縄の人たちと同じ経験する中で、本当に日米安保は必要かどうかについて本土の人間全体が本気で考えるようになるはずである。

スポンサーサイト

松代大本営跡へ

10月30日

公民館と阿智憲法を学ぶ会の共催の行事で、松代大本営跡に行ってきました。


20101030a.jpg  像山地下壕入り口

敗色濃い太平洋戦争の末期、天皇を守るためと大本営を移転するため、長野松代に巨大な地下壕が掘られました。
行ったのは公開されいる像山地下壕ですが、近くの舞鶴山、皆神山にも地下壕が掘られ、善光寺平一帯が大本営をはじめ政府の機能を移転するための候補地とされました。

突貫工事で工事は進められ、6000人の朝鮮人と3000人の日本人が動員されたそうです。朝鮮人の中には強制連行されて働かされていた人も数多くいたそうで、強制労働で亡くなった犠牲者の数は敗戦直後すべての書類が焼かれてしまったため明らかになっていないそうです。歴史の闇の中に消されてしまったということです。


20101030f.jpg 壕内で地元ガイドさんの説明を聞く

松代大本営は完成することなく戦争は終わりましたが、国体(天皇制)の護持のために地下壕が掘られ、その時間稼ぎのために20万人が犠牲になった沖縄戦が闘われた、というガイドさんの説明に一同驚く。

さらに、戦後すぐの巡行で昭和天皇が長野に来た時、『このあたりに無駄な穴が掘られたようだが』という発言がされたが、大本営の頂点にいた天皇は知らないはずはないということでした。

私たちが戦後天皇制を残してしまったのは大きな過ちですね。


地下壕は全体のほんの一部の500メートルだけ公開されていて、公開部分の最奥には慰霊の千羽鶴がありました。

20101030b.jpg 

三角屋根の粗末な宿舎の雑魚寝で、満足な食事も休息も与えられず、地下壕の中は換気装置もなく、カンテラの灯りだけの昼夜2交代の強制労働で亡くなっていった人たちのことをおもい、心が重くなりました。


20101030d.jpg 


像山地下壕を見てから、次に隣りの「もう一つの歴史館・松代」の見学をしました。
ここは地下壕建設当時、朝鮮人慰安婦が性の奴隷として働かされてた「慰安所」を再建するために作られた施設です。



20101030c.jpg 昼食は竹風堂の栗ご飯

たいへんおいしゅうございました。


20101030e.jpg 竹風堂の隣りにある池田満寿夫美術館

入館料大人700円。
昼食後の自由時間に入館しました。
長野県が生んだマルチプレーヤー池田満寿夫。私にはどこがゲイジュツなのかわからない作品がたくさんありましたが、やはり天下の鬼才・天才なのでしょう。

終戦記念日

8月15日

太平洋戦争で死んだ日本人は310万人、日本を除くアジア全体の犠牲者は2000万人。

死者におもいをはせ、日本の平和だけでなく、世界全体の平和のために何ができるのかを考えたい。

広島原爆の日

8月6日

65年前の1945年の今日、太平洋戦争の末期に広島に人類史上初めて原爆が落とされた日です。朝8時15分、原爆が広島の上空で炸裂した時間に黙祷するようにしています。


戦後65年、私が子供の時はまだ戦争の爪痕があちこちに残っていました。しかし、今や、かつて日本とアメリカが戦争をしたことさえ知らない若者もいるといいます。


戦争の事実と被爆による被害を語り継ぐことは、私たちが過ちを二度と繰り返さないために、未来にわたって続けていかなければならないものです。


今日は広島、9日は長崎に原爆が落とされた日です。


日本は自衛のための必要最小限の核兵器を持つことが出来る、と公言した首相経験者の政治家がいます(ヒットラー似の世襲三代目ですが)。こんな大バカ者を首相にしてしまったのは世界に大して恥ずかしいことです。


核超大国アメリカ大統領のオバマ演説で、世界は核全廃に向けて一筋の光を見出しました。アメリカでは原爆の被害の実態が伝えられていないといいます。被害の実態が正しくアメリカの市民全体に伝われば、いくら野蛮で肉食系のアメリカ人であっても同じ人間である以上、核兵器に対する見方は変わると信じています。


一日でも早く核が世界から無くなる日を願い、祈りの日々が続きます。


クミコ 『 INORI 』  http://www.youtube.com/watch?v=4ZF9E_gnYpc

沖縄慰霊の日

6月23日 雨のち曇り



20100623.jpg 

雨の日にはアジサイ。去年このあじさいは確かピンクだったはず。


20100623b.jpg 

日陰に密やかに咲くヤマアジサイも好きです。


今日は「沖縄慰霊の日」です。1945年(昭和20年)の6月23日、太平洋戦争最後の激戦地沖縄で、日本軍による組織的戦闘が終わった日であるとてし、この日に制定されました。


しかし、沖縄守備隊の司令官牛島中将は、上陸した米軍によって沖縄南部の糸満市摩文仁に追い詰められながらも、大本営から天皇の住んでいる本土死守の命を受けていたので、降伏をしないで自決しました。司令部が消滅したあとも、米軍と日本軍の戦闘は終戦の日まで続き、犠牲者は増え続けました。


日本軍による住民虐殺、集団自決の悲劇も数多く起き、正確な数はいまだに分かりませんが、沖縄戦では20万人が犠牲になったといわれています。軍人よりも住民の犠牲者の方が多く、沖縄住民の4人に1人が亡くなったということです。


沖縄は本土防衛の時間稼ぎのために捨て石にされたのです。
戦後は1974年まで米軍に占領され、東西冷戦下、対中ソの最前線基地として住民は銃剣とブルドーザーで土地を奪われ、島全体が要塞化され、米軍支配のもとで沖縄の人たちはまた苦しむことになります。


復帰後も、基地はそれほど減らず、基地依存のいびつな経済を脱することができない中で、基地の被害と低い賃金、高い失業率のもとでさらに苦しみは続くことになります。


米軍の占領下、日本への復帰運動をにない、復帰後コザ市(現沖縄市)市長を4期務めた大山朝常氏は「ヤマトは帰るべき祖国でなかった」とし、『沖縄独立宣言』という本を出しました。


そして今、普天間の移転問題で、結局沖縄県内の辺野古に基地を移設するということが日米の政府によって合意されました。管新総理も就任早々、沖縄の意思よりも日米合意を優先すると宣言しました。一体いつまで沖縄の苦しみは続くのでしょうか。


沖縄慰霊の日に当たり、戦後65年も続いている沖縄の苦難を解消するためには、本土の人間は何をなさねばならないかについて深く考えさせられました。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    12 | 2017/03 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。