FC2ブログ

沖縄の基地を本土に移転させよう

11月29日

昨日の沖縄県知事選挙で、普天間基地の県外移転を訴えていた現職の仲井真氏が当選した。
いよいよ本土に住む我々は、沖縄の示した意思に本気でこたえねばならない。
沖縄は半世紀以上も基地の被害に苦しめられてきた。本土に住む我々は、その苦しみを黙殺してきたのだ。
日米安保を認めるにせよ、認めないにせよ、その違いに関係なく、今沖縄が受けている苦難を沖縄以外に住んでいる人間は公平に享受しあわねばなるまい。

負担は人口比に応じてされるべきであろう。
日本の人口の一割が暮らす東京が、普天間基地の移転先として適地である。都心のど真ん中にある広大な緑地の一部を潰せばすぐにできる。そこに生えている落葉広葉樹と照葉樹の混交林は辺野古のサンゴ礁やジュゴンと同じくらい貴重だが、日米安保で守ってもらっているのだから無くなるのは仕方があるまい。貴重な自然よりも安心・安全、財産や命の方が大事なのだから。
 
普天間基地機能を嘉手納基地に移転させるという案もあったので、いっそ、嘉手納基地も東京に移転してはどうだろうか。あの緑地であれば滑走路の二本や三本くらい楽に作れるだろう。戦争のやりたい慎太郎知事も喜ぶことだろうし。
ただ心配なのは、将来、将軍様と三男坊が破れかぶれで東京に核攻撃するかもしれないので、あのお方たちには、先代が無駄な穴と言い放った松代大本営跡に避難していただきたい。世界に誇る万世一系の家系を絶やさないために。

もちろん我々長野県も応分の負担に応じるべきである。長野県は海なし県なので、軍港の移転は不可である。諏訪湖に空母や潜水艦を浮かべても、軍事的には無意味である。そこで沖縄北部の山岳訓練施設を移転させるのはどうだろうか。
将軍様をいただくかの国の冬を想定した雪中訓練の場所として、日本アルプスは最適地である。

本土に暮らしているすべての人間が、今沖縄がおかれている現実を日々の生活の中で身を持って実感することが求められている。 騒音と、墜落と、レイプと、失業と、低賃金をあまねく公平に経験しあってこそ、沖縄の人たちを同胞とよぶことができるのではないだろうか。
沖縄の人たちと同じ経験する中で、本当に日米安保は必要かどうかについて本土の人間全体が本気で考えるようになるはずである。

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    10 | 2010/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード