スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑で冬を越す野菜

1月18日

今日はスキー場勤務は休み。畑で冬を越す野菜の写真を撮りました。

2010_0118_135238-P1180010.jpg

雪の中で冬を越す小麦(シラネ小麦)。自家用に少しだけ作っています。ふすまを少しだけ残した小麦粉で揚げたてんぷらは絶品。



2010_0118_135414-P1180012.jpg
玉ねぎの苗。今のところ土がずっと凍っていて浮いていないが、これから冬の間に何回か浮いた苗を押さえる作業を行なう。


2010_0118_140620-P1180016.jpg
寒冷地で唯一秋まきして冬越しできるスナックエンドウ753(サカタ種苗)。他のスナックエンドウはいろいろ試したが冬を越せなかった。753が冬の間に消えたことは一度もないが、一応リスク分散のため、春に別品種のスナックエンドウの種も播く。去年インゲンを作ったキュウリネットのあとに直播。エンドウの収穫後、ツルを整理し秋どりのキュウリを播く。つまり、一度張ったキュウリネットをインゲン、スナックエンドウ、キュウリに使う。




2010_0118_163552-P1180020.jpg


今日は遅れていた白菜の朝鮮漬けを仕込む。3%の塩分で下漬けしていた白菜(上のポリ桶)に、保存しておいた大根、人参、長ネギ、ニンニク、生姜と朝鮮唐がらし、唐がらしペースト、砂糖、干しエビなどで作ったものを(下のボール)、白菜の葉一枚一枚に挟み漬けていく。おいし過ぎて熟成を待たず食べきってしまう。


他に、白菜の塩漬け、大根の甘酢漬けも作っています。昔は野沢菜漬けや沢庵、赤カブの甘酢漬けも漬けていましたが、今はこの3種類の漬けものが定番になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。