スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスの葉物

1月26日

信州の冬は厳しく、露地ではトンネルをかけないと葉物野菜を作ることができません。畑にある野菜を12月の中頃までにすべて収穫して、大根や人参は土に埋めなおしてその上に厚くわらを掛け、白菜やキャベツは新聞紙に包んで段ボール箱に入れ、その上から幾重にも毛布などを掛けて凍らないようにして保存します。

また色んな種類の漬けものを大量に漬け、冬の間の野菜不足を補います。

冬の間青い野菜も食べたいので、私は夏の間キュウリやトマトを作ったハウス内に秋遅く葉物類のたねを播きます。そうすると1月から青い野菜が食べられます。

2010_0118_140410-P1180013.jpg
手前は水菜、早生のサラダ水菜は寒さに弱く、味もなくまずいので作っているのは昔からある晩生の水菜。分けつして大株になり、何より味がいい。

2010_0118_140437-P1180014.jpg
中国野菜のタ―サイ、そろそろトウ立ちが始まるので早く食べなければ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。