スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱闘甲子園

8月17日

子供の時から甲子園の高校野球を見るのが好き。

朝、ゲゲゲの女房に間に合うよう畑から帰って、ご飯を食べて一休みすると、甲子園のの第一試合の中継が始まる。滋賀の北大津と千葉の成田の対戦。

北大津のエースの岡本君は伸長170センチの細身の体。ストレートは130キロも出ないくらいだが、成田の打者の心理を読んだピッチングは見事。頭がいいんだな。

しかし中盤になると成田の打者につかまり始める。打たれても笑顔がとても爽やかでいいな。
ピッチャー交代。リリーフしたピッチャーは、140キロを超えるストレートも変化球も高めに抜けてストライクが入らず押し出し。

くやしいだろうな。今夜は眠れないかも。力を発揮できなかった悔しさは一生残るだろうな。でも、この悔しさはこれからの人生で力になってくれるはず。

結果は、6対5で成田の勝利。成田のピッチャーの中川君はスタミナがありそうなので、次の試合も期待が持てる。


昼は、早実と関東一校の東京勢同士の対戦。
寒東一のピッチャー白井君の90キロ台のカーブを早実はなかなか打てない。
早実は前の試合に大量得点をあげて大勝したけど、ピッチャーがいいとそんなに打てるものではない。

寒東一の方が守備も走塁も打撃も早実よりも優れている。でも、力が上回っているからといって勝つとは限らないのが見ていて面白い。

9回の早実の追い上げは、さすが早実と思わせるものだった。白井くんは顔から汗をしたたらせ、口で息をしながら何とかしのいだ。気持ちが切れなかったから、押さえることができたのだな。でも、相当疲れた感じなので、次の試合に力を出すことができるかどうか。


夏の主力のトマトとナスが不調なので、出荷が早く終わり、ついつい朝と昼に長く甲子園を見てしまい、これはいかんと思いながら知らず知らずに夢中になって見てしまう。


甲子園には、相棒が京都なので子供がまだ小さかった頃里帰りした時に春と夏の2回見に行ったことがある。

PLの清原と桑田と立浪が出ていて、春夏連覇の時に見た。桑田の印象はないが、清原が大男だったのと、立浪のシャープな動きに驚いたことはいまだに覚えている。

夏の試合はあの暑さの中で2試合見るのが限界。

またいつか見に行きたいな。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。