スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機農研の原稿

9月23日

今度出る長野県有機農研の機関誌に書いた文章です。
 村という小さな単位でこれだけの取り組みは、長野県の中では他にないと思います。他の地域での参考になればと思い、載せました。

20100923a.jpg  

20100923b.jpg  20100923c.jpg20100923d.jpg 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

興味深い文章でした。
奇遇ですが、たぶんその号の裏表紙。
農家の紹介。
我々の紹介文がのる予定・・・

阿智村カラーの号ですねぇ。

ヒデモモちゃん

これからも二人の若いエキスを吸い取るのでヨロシクね。

No title

グループ化の文章
「おのれの組織の生き残りのためにも・・・状況は大きく変わるはずである。」
かっこいいです。
「よそ者、バカ者、若者が地域を変える」心に残りました。
”農業の魅力”私は最近やっと少しわかってきた気がします。市川さんとの出会いは大きかったと思います。また、タケローくんとの出会いや「こういう場所に住んで農業をやりたい!」と言って来られる方たちとの出会いは、長年ここに住んでいる私に、地元を見直すきっかけをくれています。とても興味深い文章、ありがとうございました。

HARAさんへ

清内路には、赤根カブや清内路キューリなどの伝統野菜、出作り、花火、一番清水、黒川の大岩魚などなど宝がたくさんありますね。

厳しい気候や地形に制約された暮らしの中にこそ、たくさんの知恵が詰まっています。
今そこに光が当たり、輝き始たから、中山間地は新しい生き方を求める人たちに注目されてきているのだと思います。
地元の方たちが普段の何気ない生活の価値に気付き、もっともっと外に向けて発信していけば、更に移住者は増えるはずです。

伍和もいい所だけど、大鹿や清内路のような夏涼しく、冬寒い山の暮らしはぶたじんのあこがれです。

餅つき大会、声掛けますね。

No title

さすが釣り人!黒川の大岩魚をご存知とは(^^!私も清内路は大好きなので、そう言っていただくとうれしいです。逆に伍和のことをまだよく知らないので、おはずかしいのですが・・・
確かに、伝統野菜などは普及センターや県の農政課のPRのおかげか名が知れてきましたね。食べてみたいと問い合わせが多くなり、個人に頼んで支所で送ったりしています。銀座の「だいしん」というお店は常連さんで、「清内路の野菜は最高だね!長いつきあいでおねがいしますよ。あかねちゃん焼酎もいいよね~」と先日わざわざお電話いただきました。こうして遠くに清内路を思ってくれる人が増え、地元の人たちにこの声が届けば、みんなもきっとやる気がでますよね。今は、発注を支所で代行していますが、今のうちにリピーターを増やし、販路をつくって活気づけていけたらいいなと思っています。
餅つき!わぁ~い。部外者ですが・・・(^^;;

HARAさんへ

11月12日には、参加自由の収穫祭or芋煮会or鍋パーティーもあるし、グリーン・スマイルで会ったら誘いますね。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。