スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋野菜は順調

9月24日

夏の果菜類は散々でしたが、秋野菜は今のところ順調です。


20100924d.jpg 

人参です。3分の2くらいの発芽ですが、梅雨明け後に播いたのでこんなもんでしょう。間引き菜をてんぷらにして食べました。すごく美味しかった。



20100924c.jpg 

同じ畑のセロリ。植えたのが7月18日。夏の間水やりができなかったので、殆ど生長しなかったのですが、ここにきて気温が下がって、適度に雨も降っているので、この一週間で倍の大きさになる。もう少し大きくなったら脇芽を欠いて、あと一カ月で収穫の予定です。


20100924a.jpg 

別の畑の大根。玉ねぎあとで、元肥、追肥なし。管理作業は、発芽直後に一回中耕除草しただけ。


20100924b.jpg 

同じ畑のなばば。品種はタキイの秋華。花蕾は苦味がなくすごく美味しいです。この後収穫する予定だった冬華は、秋華と同じ去年買った種ですが発芽せず。販売年は同じでも、多分、採種年が古かったためと思われます。


20100924e.jpg 

去年借りた畑の白菜。荒廃農地を半年かかって畑に戻して初めての作付。
荒廃農地は、変な癖がついていないので何でもよくできます。


20100924f.jpg 

同じ畑のタ―サイ。2回に分けて苗を作り、畑に定植します。


どの畑の野菜も、今のところアブラムシ、キスジノミハムシ、ダイコンハムシ、ナガメなどアブラナ科につく虫の発生は見られず。
ただし、キャベツのモンシロチョウは去年の秋同様にたくさん発生しています。それから、大根にカブラハバチの幼虫(黒いウジで、さわろうとするとコロンと下に落ちるやつです)の発生が一部にみられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。