スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬菜と小松菜を播く

9月25日

冬菜と露地では今年最後の小松菜を播きました。
冬菜はどこでも作っている普通のものと、地元の飯田冬菜の2種類播きました。
たくさん播いて、年内に半分くらいに収穫し、余ったものは来年の春とう立ちしたものを食べます。

小松菜は、サカタの黒みずきを播きました。寒さに強く、少ない肥料でも色の濃いものが収穫できます。小松菜も、余れば来春とう立ちさせて食べます。

葉物はみんな春になればとう立ちしますが、白菜のとう立ち菜は絶品です。不結球の株を残しておいて、試してみて下さい。




20100925a.jpg 




20100925b.jpg 

再び玉ねぎの苗作りについて。

前に、油粕や鶏糞など臭いのある肥料を追肥すると、タネバエが卵を産んで孵ったウジが根を食べてしまうと書きました。
私は夏のうちから何度も耕して草が生えないようにして、種まき直前にもトラクターを1速の低速で、ロータリーの回転は高速の3にして土をできるだけ細かくしてからは種します。

更地の状態を長く維持していればネキリムシの被害も少なくなります。
発芽直後の中耕で草はかなり抑えられ、太陽熱消毒をして草の種を焼かなくても十分いけます。

今年は播いた種は殆ど全部発芽したようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん~いつみてもキレイな畑ですね。
グリーンスマイルの小松菜は大丈夫かなぁ・・・
9日!今度は飲ませていただきます(^^)
よろしくお願いしますねッ。

HARAさんへ

草ボーボーの畑は、撮影禁止にしているの。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。