スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎ苗の定植終わる

11月15日

やっと玉ねぎ苗の定植が終わりました。
出荷の合間に毎日少しずつ植えて、赤玉ねぎ(猩々赤)1000、中晩生のアタック、ネオアース、パワーが各1500ずつの計5500本。

20101114b.jpg 

マルチは手前はニンニク、奥は玉ねぎの小苗を植えました。クズ苗でもマルチに植えるとそこそこの大きさになってくれます。

12日の芋煮会(収穫祭)は大人26人、子供も入れると30人以上が参加して盛大に行われました。
用事で欠席された村長、農業委員会長からも差し入れがありました。

参加した若者たちは、これからの阿智村の農業を担う存在になっていくことでしょう。
これからも年に一回くらいはみんなで集まってワイワイやる会を持ちたいものです。
でも、それにしても忙しかった。今度は誰か幹事を代わって欲しいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
私は、今年の2月よりサラリーマンを辞めて実家に帰ってきて農業の見習いをやっている45歳の木下周次と申します。

実家は飯田市の鼎で慣行農業をやっています。
市川さんは知人を通して知り、ブログを見ていろいろと勉強させていただいたり
刺激をいただいたりしています。ありがとうございます。

今後の農業は今までのままではいけないことは、いろいろな機会で痛切に感じています。まずは、気の長い話になりますが土づくりをしっかりとすべきだと感じています。

自分が、自然とのかかわりを大切にした農業をするまでにはまだ少し時間がかかりますが
その時、直接お会いしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

ぶしつけではありますが、今回の玉ねぎの土作りはどのようにしたのか
差支えなければ教えてください。




木下さんへ

はじめまして。
実は今夜、阿智つくりびとの会が辻乃園さんであって、また新蕎麦をいただきながらみんなで話をしました。
その時、今井サンから木下さんの話が出ましたが、多分同じ方ですね?

私の土作りはいいかげんです。
地元の牛の堆肥が基本の肥料で、それにカルシウムとミネラル分として貝の化石の肥料、樹勢をみながら追肥に鶏糞を少量使っています。

本当は土壌分析して施肥の管理をした方がいいのですが、感に頼ってやっています。
将来的には動物性の肥料は止めて、植物性のものだけでやりたいのですが、なかなか踏ん切りがつきません。

今年の玉ねぎは麦の後に植えました。この畑は堆肥を今までけっこう多く入れてきたので、麦が終わった後に草が生えないように夏の間何度もトラクターで耕し、2か月くらい前に少しだけ鶏糞とカルシウム分を入れてただけです。

追肥は、標準は年内一回、年明けに一回ですが、私は年が明けてから3月までの間に一回だけ鶏糞を少しやります。

有機物が多いか少ないか、粘土質か砂が多い土かとか畑の土の質によって肥料の持ち具合が異なるので、施肥の仕方はその土質によって変えなければならないと思います

遅い追肥は保存性が悪くなるので、4月になってからの追肥は止めた方がいいと思います。

No title

おはようございます。お忙しい中、丁寧に説明していただきありがとうございます。

時期が遅くなってしまいましたし

まだ土作りまで行っていないので玉ねぎを植えようか迷っていますが

圃場を見て決めようと思っています。

なるべく土壌の微生物が活性化するような肥料のやり方を試行錯誤しながら
考えていきます。
なにぶん、まだまだ見習いの分際で
慣行農業で研修中ですが

鼎の幼稚園に先日行って
収穫祭に参加させていただき

これからの子供たちの未来のことや
食の未来のこと
本当の意味での安心安全とおいしい野菜
農業の魅力の引き出し方
地域の文化(生活の中に根付いたた文化)のことなどを考えさせられました。

農家は100農家で100通り、慣行、あたらしい形態、いろいろあるけれど
いろんな垣根を取っ払った自分の農家に
あと10年後なるべく
1っぽずつ歩きます。

これからもいろいろ教えてください。

ありがとうございました。

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。