スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長ネギについて

11月20日

今年作っている長ネギは、下仁田ネギと白ネギの交配種の鍋ちゃんとスキヤキ、葉ネギの代表である九条太の3種類です。
去年まではこれに加えて下仁田と松本一本を作っていました。

私が作っている阿智村の畑は、耕土が深いところでも20センチくらいしかなくて土寄せする土が少ないので、長くなるネギは作ることができません。そうした前提条件から作ることができるネギが限られてしまいます。

畑の条件がよくないのであまり熱を入れないでネギを作ってきたのですが、今までの品種では収穫適期が短く、来年は品種を見直して、もう少し長い期間収穫できるようにしたいと思いネギのことを調べ始めたら、とても奥が深くなかなか決まりません。

ここ何日か夜はネギのことばかり調べています。

ネギには冬期低温にあって休眠する「夏ネギ」、低温化でも休眠しない「冬ネギ」、その「中間型」の大きく分けて3種類あります。

下仁田や松本一本は「夏ネギ」で対寒性は強いが、そのため寒さに当たると身を守るために地上部の青い部分を枯らして休眠してしまうので、美味しくボリュームがある状態での収穫適期は一カ月ちょっとしかありません。霜に当たらないと美味しくならないし、霜に当たればどんどん青い部分が小さくなってしまうので12月に入ってからの収穫には適さないように思います。

青い部分が殆どないネギとして使えばそれでもいいといえばいいのですが、冬の間もそこそこ青い部分のあるものを探しています。

鍋ちゃんやスキヤキは冬期休眠性が低く、そこそこ青い部分が残って冬期間の出荷には向いています。ただ、加熱用なので、この2種類は残しつつ、もう一種類薬味用のネギがあればと思います。
そうして調べていたら、みかど協和の「霜耐」という品種が見つかりました。2~3本に分けつし、対寒性があって厳冬期でも葉が青い冬取り用の品種だということで、これを来年作ってみることにしました。

九条ネギは冬期も生育する「冬ネギ」ですが、長野県では冬の気温が低いので、12月になる前に青い葉が折れて冬期休眠に入ってしまいます。霜が連日降りるようになると品質が低下してしまうので、収穫は今月一杯までです。
今まで少しだけ土寄せして作ってきたのですが、やはり葉ネギなので土寄せをしないで作った方が九条ネギとしての特徴が活かせるように思います。
来年からは土寄せをしないで作り、夏の終わりから霜が来までの収穫分しか作らないようにします。

長年九条ネギを作って来て、寒い長野県にはあまり向いていないというのがわかったので、九条よりももう少し寒さに強く、分けつの少ない葉ネギを探していて、普及所の「お」さんにも相談しています。
いろいろ調べていたら、愛知県の伝統ネギで「越津ネギ」というのが見つかりました。関東の白ネギの「千住ネギ」と関西の「九条ネギ」を交配させたもので、白ネギと葉ネギの両方のいいところをもっているということで、寒さにも強いそうです。


来年の作付は、鍋ちゃん、スキヤキ、霜耐、越津ネギ、九条太の5品種に決めました。 来年越津ネギがうまくいけば九条ネギを作るのはやめます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ^^
とっても勉強になりました。
いま、狭い範囲ではありますが、父に助言できるように
サカタのタネとタキイ種苗の来年の種子のカタログを読んで
うちの圃場にあうトマトの品種を検討しています。
また、土づくりについて少しづつ勉強を始めました。
これからもブログ楽しみに読ませていただきます。
因みに、かなりいい加減な私のブログのURLです。↓
http://ameblo.jp/syuujisb102

こんばんは

へぇ~おもしろ~い!
ネギって一口に言っても、品種によってそんなにも違った個性を持っているんですね。すごく勉強になります。
これから品種選びにも着目していきたいと思います。
愛知県の伝統ネギ「越津ネギ」愛知県にいながら初めて聞きました。在来種にも挑戦していきたいので参考になります。
まずは色々経験して模索していきたいと思います。


けいちゃんへ

コメントありがとうございます。

越津ネギは、種が市販されているので愛知県では広く作られていると思いますよ。

愛知県は有名な守口大根をはじめ伝統野菜がたくさんありますね。
名古屋生活クラブが積極的に伝統野菜に取り組むのも魅力を増すことになるかもしれませんね。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。