スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人参の保存

12月6日

気温が下がり、いよいよ霜がきつく降りるようになったので野菜の保存を始めました。
でも、毎年保存を始める時期が遅くなってきています。

阿智村は長野県の中では比較的暖かい方なので、畑の凍結深度もそれほど深くなく、冬囲いは簡単です。

20101206c.jpg  土を少し掘って、人参を並べて


20101206d.jpg  土をかけて藁を乗せて出来上がり


20101206b.jpg  雄人参、雌人参


20101206a.jpg ネズミに食べられたあと


一月末までの分は、フタつきの発泡スチロールの箱に入れておけば凍らずに保存できます。

大根も人参と同じようにして保存します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。