スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行

1月25日

久しぶりのブログの更新です。

先週は忙しい一週間でした。
17日から19日は、我が家の相棒と北海道の函館と江差に行ってきました。

北海道は二人とも大好きで、小樽のユースホステル(青少年の健全育成!?のための宿泊施設で、現在は、元健全な青少年だった中高年のための施設?)で出会ったこもあって、北海道に対しての思い入れは大きいものがあります。
私は10回目の北海道です。

今回の北海道行きのテーマは、函館の夜景を見ること、一両編成のローカル線に乗って駅弁を食べること、かつて浜が見えなくなるくらいニシンが押し寄せ、その富で町が栄え、そして富をもたらしたニシンが去って50年余りの江差を見ることでした。

函館に着いて最初に行ったのは、駅前の百貨店に常設している鉄道関係の展示館。国鉄時代ものが展示されていて、古い切符や作業着なども販売されていました。
保線や電気などの国鉄労働者が着ていた菜っ葉服や車掌や運転士が着ていたブレザーなども売っていて、その中から左胸に燦然と輝く国労バッジが付いている服を見つけました。販売価格は3000円です。
国鉄の分割民営化の時に、北海道の国労組合員は踏み絵を踏まされ、それを拒んだ組合員は殆どがJRへの採用がされませんでした。
この服を売った労働者はJRに採用されたのかどうか。バッジ付きで服を売ったということは、多分国労を脱退してJRに採用されたのでしょう。
当時、郵政労働者として国鉄の分割民営化反対を闘い、首を切られた国労労働者を激励するために北海道各地を訪ねた身として、複雑な気持ちになりました。

20110117a.jpg 


20110117b.jpg 

夜、時々雪が舞う中函館山ロープウェイの山頂から撮った夜景。
中国の言葉が飛び交っていました。北海道新聞によると、去年の函館への観光客は日本人の数は横ばい、台湾からの客は40パーセント増だそうです。
一昨年行った小樽でも中国語を話す人がたくさん来ていました。
中国の言葉というのは、すごく活気があって元気に聞こえます。



着いた次の日の18日。各駅停車のローカル線で江差へ。
待望の駅弁。
スーパーやデパートの駅弁大会で買って食べるよりも、やっぱり汽車に揺られながらた食べるのがサイコー。

20110118f.jpg 



20110118g.jpg 


20110118c.jpg 

この汽車に乗って江差駅に到着。二重窓の車内は暖かく、乗り心地が良かった。

20110118d.jpg 

ニシン御殿の横山家住宅。奥行きのある大きな建物ですが、御殿というほどでなかった。



20110118e.jpg 

駅から20分くらい歩いた海のそばにある商店街は、昔風に再建されています。住民の皆さんの郷土を愛する気持ちが伝わってきます。歩いていてとても懐かしい感じがしました。
駅と港との間の丘の上にもう一つの商店街がありましたが、こちらはかなり寂れていて苦戦しているようです。それでも、ニシンが去って後半世紀たっても住民の確かな暮らしがあり、江差は訪れる人にとっては魅力的な町でした。


20110118b.jpg 

江差からの帰りに五稜郭に寄って夜景を見ました。この写真は、建て替えられた五稜郭タワーの展望台から撮ったもの。



20110118h.jpg 

北海道最後の19日、朝市で海鮮どんぶりの朝ごはんを食べてから、すぐ近くの青函連絡船博物館へ。繋留されているのは摩周丸で、艦内が丸ごと博物館になっています。
青函トンネルが出来る前は、この連絡船で津軽海峡を渡りました。
私も青森から何度もこれに乗って北海道に渡りました。懐かしい想い出のある船です。


また来年も北海道に行きたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

年を重ねて、二人で出会った土地へ行くなんて、理想の夫婦です。
そんな二人に育てられたせいか、こちらの夫婦も仲良くやらせてもらってます。やっぱり育った環境は大切だね。ふふ

娘二号へ

親として反省することは山ほどあるけど、そう言ってもらうと結果オーライということかな。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。