スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜の床土

2月18日

ヘッポコ有機農家の私は、今は野菜の育苗培土を作っていません。

昔は、近くの山から落葉を集めて踏み込み温床で苗を育てていました。
使い終わった温床の床は、次の年に山の土と混ぜて野菜の培土として使っていましたが、苗をたくさん作るようになってからは踏み込み温床では間に合わず電熱温床を使うようになり、山の落葉を集めることもやめてしまいました。

今は堕落して、カボチャや一部の野菜を除いて育苗のための土は買っています。


今使っているのは2種類です。
ひとつは隣りの飯田市の種苗店が販売している有機JAS対応のもので、ヤシガラと赤玉土などが主成分で肥料分は添加されていません。 そのため育苗には追肥が必要です。

20110218c.jpg   無印です



もう一つは、静岡のEM研究所が開発して、種苗会社のトキタ協和が販売しているものです。

20110218a.jpg 


20110218b.jpg 

こちらは肥料分とEM菌が入っていて、余程の長期でなければ追肥は必要ありません。


床土を買っていてはヘッポコ有機農家を卒業できないので、初心に帰って今年の秋はしっかり落葉を集めてまた自分の床土を作りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。