スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び東京に原発を

4月2日

東電は福島第一原発を廃炉にするという。
政府もそう言い始めました。それはそうでしょう。爆発でボロボロになって、格納容器からも放射能が漏れ続けている原発は、いまや毒を吐きつづけるばかりで、もはや修復のしようがないことは誰が見てもわかります。

この期に及んでも、御用学者の一部の中からは今回の事故を教訓により安全な原発を作るという意見が出たり、閣僚からはやはり原子力発電は必要である、という声が出ています。

そこで、再度提案です。原発を新設するなら是非東京湾内に作っていただきたい。やはり、発電所は消費地に作るのが一番です。
お台場の埋め立て地に作るのはどうでしょう。行ったことはありませんがおしゃれなスポットと聞いているので、原発は似合うと思います。

昔、原発から出る温排水を利用して魚を飼ったらどうかという意見もあったので、いけすを作って南の海の珍しい魚でも放して釣り堀にすれば、新たな観光スポットとして大成功すること確実です。
また、温排水を利用した放射能温泉やプールを備えたレジャーランドを作れば、原発のイメージは大いにアップすることでしょう。

また、人口密集地に作ればみんなが関心を持つので、事故隠しもできないし、優秀な学者先生の知恵を集めれば「想定外」の事故の発生で爆発的事象など起きない完全無欠の原発が作れると思うのです。

原発から半径20キロメートルや30キロメートルの圏内の自治体には、気前よくお金をばらまいて立派な体育館や、ホールを作ってあげましょう。
今は都会でも仕事を求める人がたくさんいるので、原発は大きな雇用を生みだすので、失業対策事業としても有望です。

どうしても原発が必要というのであれば、是非東京に作りましょう。
田舎はそんなに電気は使わないので、原発の電気はいりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。