スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び『おお、チェルノブイリ』を!

4月7日

『おお、チェルノブイリ』 
 http://www.youtube.com/watch?v=vJ1a9bSnGfM   

   http://amanakuni.net/bob/cherunobuiri.html

この唄は今から20年以上前、旧ソ連チェルノブイリ原発の爆発事故で放射能が世界に拡散し、それでも日本では原発の増設が止まず、こんなことが続いたらやがて世界は終わりになるという危機感から、農業を基本とした自給自足の生活を始めようとした時によく聴きました。この唄を聴きながら、田舎での新しい暮らしへと生活を転換することの確信を深めていきました。すごく思い出深い曲です。

縁あって、この唄をうたっている大鹿村の吟遊詩人の内田ボブと同じ村に住むことになり、よく生で聴いていました。

福島原発の事故後の状況は、チェルノブイリの時の危機よりもはるかに深く、深刻な状況となっています。

チェルノブイリで生き方を変えた世代として、原発を止められなかった責任を感じています。
次の大事故を止めるため、今度こそ原発を止めなければならないと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ!懐かしい!

まさかボブさんがYouTubeにいるなんて。
当時はチェルノブイリ原発の恐ろしさを子供ながらに歌詞で理解しようとしてました。
いのちの祭りの記憶とか東海村での事とか蘇ってきましたよ。
無邪気に海で遊んでいたすぐ近くで燃料廃棄物が運ばれてきていたのを今思うと恐ろしくなります。

福島をきっかけに、少しでも原発の恐ろしさをまず皆さんに知ってもらいたいし私も改めて知りたい。
なぜ反対するのか皆が理解できれば雇用が、過疎がとか言ってられなくなるかもしれない。

みんな、ボブさんの歌を最後までよく聞きましょう。

No title

内田ボブにはもう一頑張りしてもらわないと。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。