スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦踏み

2月18日

CIMG0024.jpg

霜で浮いた根を冬の間に何回か踏んで押さえる作業です。春になって茎が立ってくる前にもう一度踏みます。追肥をして、一度だけ中耕培土すれば、6月末の収穫まではやることがないので作るのは楽な作物です。問題は、乾燥と脱穀で、梅雨の中、雨に濡れて芽が出ないように細心の管理が必要です。

昔は、天然酵母でパンを焼いた時もあったので、硬質の小麦や、麦茶にする大麦も作っていましたが、今作っているのは薄力粉にする小麦だけです。
またいつか大麦や硬質小麦も作って、麦茶や押し麦やパンも作りたいものです。



CIMG0023.jpg

吊り玉にして保存している玉ねぎです。黄玉ねぎはまだですが、赤玉ねぎは一部が芽が出始めました。収穫してから約8カ月、赤玉ねぎは芽が立ってくるのが早いのですが、チッソ系の肥料を少なくすれば遅くなります。

大きいものは芽が出るのが早く、また腐りやすいので、収穫したら大きいものから食べるようにします。玉ねぎ栽培のコツは、追肥は3月で打ち切り、大玉にせずに中玉に揃えることです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。