スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春耕始める

2月23日

CIMG0031.jpg

ここ何日かとても暖かい日が続いて、畑に霜柱が立たずに土が乾いてきたのでトラクターで耕しました。2月にトラクターを畑の入れて耕したのは、20年間で初めてのことです。

耕し始めたらさっそくカラスが飛んできて、あっという間に20羽以上集まってきて、仲良くミミズを食べ始めました。ここのカラスはハシボソカラスで、前はほとんど姿を見ることはなたっかのが、ここ数年でずいぶん増えました。

2年前の冬に、玉ねぎの畝にもみ殻を敷いたところ、畑が真っ黒になるくらいカラスが集まって、玉ねぎの苗を突かれてひどい目に逢いました。

CIMG0033.jpg

この畑は去年の夏に新たに借りた畑で、もう何年も耕していなかったため、笹やギシギシ、葛などのやっかいな草が生えていて、半年かかって使える状態に戻しました。

トラクターのある反対側は、10メートル以上もある断崖で、落ちたら終わりです。トラクターの転落事故は、高速バックの時が多いようです。ブレーキとクラッチを常に点検し、皆さん高速に入れてのバックには細心の注意をしましょう。  



午後からは、玉葱の手入れ。初めての追肥と2回目の中耕除草をしました。追肥はチッソの遅効きを避けるため今回の一度だけです。4月になって春草が生え始めたらすぐに3回目の中耕除草をし、5月にもう一度軽くやり、6月の中旬くらいになって葉が倒れたら収穫です。

今日使った農具は草かきとジョレンです。高校生の時から土方をやり、ジョレンに慣れているので、私はほとんど鍬を使わずジョレンで済ませます。

CIMG0035.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

参考になります

農作業の記録、すごく参考になります! やってみないと分からないんだから多少失敗してもいいや、と思っていたのですが、やっぱり、しなくてもいい失敗をして打撃を受けることは避けたいんで、いろんな事例を参考にしたいです。
今後ともよろしくどうぞ!
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。