スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果菜類の芽出し

3月4日

今日から果菜類の芽出しを始める。あらかじめ芽出ししてからは種するのは、トマト、ピーマン、ナスの三種。夏野菜は発芽に高温を必要とするので、この時期に土の中にまいても温度が足らず発芽してくれません。そのため湿らせた種を加温し、芽を出させてから土にまきます。


古い手ぬぐいで種を包み、それを水で湿らせてビニールの袋に入れて加温します。少量の時はズボンのポケットか、腹巻きをしている人はその中に入れて温めてあげます。私は種の種類と量がたくさんになったので、あんかを使っています。あんかの場合は温度が上がりすぎるので、布団を使って温度を調節します。


プロ用の温度が上がる温床で育苗している場合は、芽出しは必要ないかもしれないので参考にしないでください。私の温床は、家庭用の100ボルトで使う一番安いものを使っているので、大して温度が上がらないので芽出しをしています。


今日芽出しを始めたのはパプリカ。品種はタキイ種苗のフルーピィレッドとイエローの2種類。パプリカは実が大きくなり、誘引をしないと枝が折れてしまいます。そのためハウスの中で、主枝3~4本仕立てでひもで枝をくるくる巻きながら誘引していきます。側枝は2葉で摘芯し、主枝一節で1果だけ収穫するように摘果もします。隣りの畑にパプリカの先生がいるので、わからなくなるとききにいきます。作るのにものすごく手間のかかる作物です。


これからトマト、ナス、ピーマンも芽出しをしていきます。定植時期から逆算して、ハウス内に植えるものは早めに、ナスやピーマンなど露地に植えるものは遅めにします。


キューリはあと一週間くらいして、温床上の苗箱に直接まいて発芽させます。


今日、青色申告の申請を終えました。ホッとしてスカーとした気分です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

申告お疲れ様(๑◕ฺ‿ฺ◕ฺ๑)ノ
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。