スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草刈機の刃を研ぐ


2月24日

昨日から一日半かけて草刈機の刃を研ぎました。刃数30の笹刈刃で、全部で10枚くらいありました。
サイズは二種類、直径25.5cmと30.5cmのものです。

去年は忙しさに紛れてチップソーばかり使っていましたが、今年は初心にかえって笹刈り刃も使うことにしました。
チップソーに比べると、笹刈り刃は断然切れ味が違います。切れる分だけ草刈機の回転数を落とすことが出来、疲れも違ってきます。

20130224a.jpg 

上が30.5cmのものですが、重いので、穴を開けているものもあります。大きい分だけ能率は上がりますが、かなり重いので、緩い斜面か平らな所でしか使えません。

下は25.5cmのもので、普段はこのサイズのものを使っています。通常の使用はアサリを立てていませんが、専用の道具を使ってアサリを立てて使うと、胡桃などの柔らかい木も簡単に切ることが出来ます。


 
20130224b.jpg

何度も研いでいくとだんだん小さくなって、こんなふうになります。ヤスリを当てる回数を決めて均一に研がないと、微妙に楕円形になり、エンジンをかけて回すと軸が振動してしまい、持っていられなくなります。



20130224c.jpg 

柔らかい草だけが生えている通路や畦畔は、このナイロンカッターを使うと根元まで刈れて仕上がりが綺麗になります。
しかし、回転を上げないとうまく刈れないし、疲れるし、燃料をたくさん消費するので、私はあまり使いません。



20130224d.jpg 

手前が22cc、奥が25ccで、両方ともツーグリップのものを使っています。
草刈機は他にハンドル式や背負いのものがありますが、急斜面での草刈りは、微妙なコントロールが効くツーグリップ式の方が扱いやすいように感じます。

ナイロンカッターと30.5cmの刃は、エンジンに強い負担がかかるので、25ccの方の草刈機を使います。

よく紐を着けず、手に持っただけで草刈りをしている人を見かけますが、手首や肘に過度な負担がかかるし、何より危険なので、やらない方がいいと思います。


笹刈り刃以外にチップソーも20枚箱買いしてあり、去年使って、ディスクグラインダーで研げばあと1~2回は使える中古のチップソーものもあるので、今年はもう刃を研がなくてもいいかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。