スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3・3福島原発災害に学ぶー福島・首都圏の集いー」

3月5日

明治大学で開かれた福島の集まりに行ってきました。


住民の被曝を避けるためにいち早く全村避難した双葉町の井戸川前町長、放射能汚染に苦しむ農家、県内・県外避難者、子供を放射能から守る活動をされている方、仮設に住んでいる方、去年訪れた、通常の20倍を超える放射能の中で牛と共に生きる浪江町の「希望の牧場」の吉沢氏、子供たちの集団疎開裁判に取り組む方など、11名の方々を招いての集まり。

原発事故で15万人の人が家を追われ、仮設に入った人、借り上げ住宅に移った人、自主避難した人、避難したいができない人、形だけの除せん、効果のない除せんが行わている一方、下がらない放射能の中で未だに外遊びができない子供たち、平時よりも高い子供たちの甲状腺異常の発生、異常と原発との因果関係を否定する専門家の所見によって振り回される親達・・・。
色々な立場のおかれている福島の人が席を同じくしたのは初めてだということで、分断されている福島の現状がよくわかりました。

毎週金曜日、官邸前でデモが行われている反面、原発事故の風化がいわれています。
東京の街を歩いている限りは、福島が置かれている苦境は見えてきません。福島の電気を使って東京が繁栄していたことや、あるいは原発事故が起きたことさえ忘れても生きていけるでしょう、再び次の大事故が起きるまでは。
今回の参加者は400名。中高年が多く、思ったよりも少ない参加者でした。

安倍首相は「安全が確認された」原発から再稼働して行くそうです。エネルギー基本計画を検討する「総合資源エネルギー調査会」から脱原発の委員を外し、原発容認の委員に入れ替えました。着々と再稼働に向けた準備が進められている中で、3・11二周年を迎えようとしています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
ちょうどその日は「わすれないふくしま」を見に行っていました。
「希望の牧場」の吉沢氏の挨拶もありました。
見に来ている人たちは少なかったですねぇ。
会場の外にはたくさんの人たちがいるのに。
まぁ、内容は別にして映画の周知とか宣伝とかいろいろあるのでしょうけれど、関東の方の関心は薄れているのでしょうか。
自分たちのエネルギー、水、食べ物がどのようにして自分の目の前に来ているのか関心は無くなったのだろうか。それなりの情報が与えられれば感じることもあるのだろうけど、自分から見つめ直す、情報を求めてゆく、ことをしなくなってしまっているのではないだろうか。 と感じました。

かれいさんへ

いつも読んでいただきありがとうございます。

やっぱり東京っていう都市は大きすぎて、食べ物にしても、電気にしてもその他生活を支える多くのものを遠くの方から持ってこなくてはならないので、それぞれの現場がどうなっているか見えないんでしょうね。

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    12 | 2017/03 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。