スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチギ

3月13日

定植を待つ苗。左はレタス、右はキャベツ。畑が乾かず植えられるのはいつになることやら。

2010311.jpg  2010310.jpg

 

夜ホームページを作りながら、井筒和幸監督の映画『パッチギ』を観る。観始めたらすぐ、パソコンを脇にどけて画面に引き込まれる。舞台は1968年、今からもう40年以上前。京都を舞台に日本人の男子高校生と朝鮮高校の女の子の淡い恋の物語。フォークルの「イムジン河」の曲をバックにに話は進む。「悲しくててやりきれない」も途中に入る。二人の間には、戦争中、朝鮮半島から無理やり日本に連れてこられた在日朝鮮人の苦難の歴史や、そうした事実を何も知らない日本人の問題が横たわる。

 

ものすごく重い問題を、井筒監督の関西人特有?のユーモアで描いていて、笑ったり、思わず涙が出たり。エンディングは「あのすばらしい愛をもう一度」。放送できない「イムジン河」を、ラジオで主人公の日本人高校生に歌わせたディレクター役の大友康平がかっこよかった。映画は明るく終わったが、40年以上たっても朝鮮半島の南北分断は変わらず。つい先日も、高校無償化で朝鮮高校は除外の方向が打ち出された。状況はあまり変わっていないなと思う。だから、たぶん井筒監督は映画にしたのだろう。

 

ホームページのほうは、2ページ目の完成までもう少し。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いむじんがわ

井筒監督では、ガキ帝国という映画が好きです。
80年代の映画です。

ホームページがんばって下さい。
プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。