スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モミガラクン炭作り

4月5日 清明

CIMG0104.jpg CIMG0107.jpg

 

この時期、毎年モミガラクン炭を作ります。モミガラクン炭は、床土に混ぜて使ったり、苗を定植する時、苗のまわりにぐるりとまきます。モミガラが大量に手に入った時は、たくさん作り畝全体に敷いたりもします。

作る時の注意は、目を離さないこと。油断すると燃えすぎて灰になってしまいます。それから、作り終わったら水を掛け、完全に火を消して、袋に詰めて保存する時は一晩屋外に置いてから翌日小屋に入れること。消したつもりでも少しでも火の気が残っていると火事の原因になりますので要注意。

 

CIMG0095.jpg CIMG0106.jpg

 

ヤマノ芋を植えました。私の畑は耕土の下は固い耕盤で、長いイモは作ることができません。去年はそれほど長くはならないイチョウ芋を植えたのですが、下が固すぎてうまくできませんでした。

ヤマノ芋を植えたのは、右の去年秋にインゲンを作ったキューリネットのところ。インゲンの前は春にエンドウを、その前の一昨年はキューリを作りました。その間ずっと不耕起です。つまり、一度キューリネットを張ったら二年三作不耕起で使います。山の芋が終わったら、そのままで来年またキューリを作ってもいいかもしれません。そうなれば、三年四作使えます。

 

左のキューリネットは、去年エンドウのあとにインゲンを作りました。今年はキューリを作る予定で、来年は、ヤマノイモかミニカボチャを作るつもりです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。