スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝た子が起きる

4月22日

今日は、ミニカボチャとズッキーニ、まくわ瓜の種を播きました。ポットに一粒播きです。ミニカボチャとズッキーニは3寸ポット、まくわ瓜はそれより一回り小さなポットを使います。一か月育苗して、定植は遅霜の心配がなくなる5月下旬になります。


一昨日は蒲田川に行きました。小雨降る中で、釣果はアマゴ2尾、イワナ1尾でした。早期なので16号から22号までの小さな毛バリを使いましたが、地元の監視員さんと話し、使っている毛バリを見せてもらったら、8号から10号の大きな針を使っているとのこと。今年の蒲田川行きは今回で終わり。



CIMG0154.jpg
昨日は気温が上がったので、畑仕事を少し早めに切り上げ、夕方いつもの場所へ。一時間くらいで10数尾毛バリにかかりました。アマゴ3に対してヤマトイワナ1の割合です。20センチ以下はリリースと決めているので、魚篭に入ったのはアマゴ1尾、ヤマトイワナ1尾の2尾だけでした。毛バリはいつも使っている10号の針に、クジャクの胴と茶色いニワトリの羽根を巻いたシンプルなテンカラ毛バリです。フロートが付いていないので少し沈んだ状態で魚がくわえるので、見えない時は手に伝わる感触で合わせることになります。魚が見えている時よりも、見えない時の方が成績はいいようです。


源流では木が被っていたり狭いところがあるので、3.6メートルの硬い竿に昔から使っている短いテーパーラインを使っています。広い本流では、4.4メートルの竿にレベルラインを5メートルくらい伸ばして振っています。


例年早期はアマゴが良く釣れ、盛期になるとアマゴはあまり釣れなくなり、殆どヤマトイワナになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川勝彦

Author:市川勝彦
長野県阿智村で有機農業をしているオジサンです。長野県有機農研新規就農相談窓口。長野県里親農業者登録。郵政ユニオンOB。体の半分は福島人。今年新たに始めたのは被災地支援米プロジェクトと、原発を止める活動。原発が必要と思う人は、自分の家の隣りの原発が事故を起こしても甘受しますか。農村から都市を包囲せよ!

Twitter
Twitter
    follow me on Twitter
    にほんブログ村に参加しています
    にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
    にほんブログ村
    最新記事
    ホームページも見てね
    南信州阿智有機農園http://100show.jp/ 無農薬野菜販売しています
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。